職場紹介

スラグ課 作業長

CHAPTER1 宮田 学1

ミズレックに入社したきっかけは何ですか?

学生時代就職活動をしていなかった自分を、見るに見かねた就職指導の先生からミズレックを勧められたのがきっかけです。

先輩が2人働いていたので後押しになりました。

当時は、旧川崎製鉄所内にある会社ということぐらいで、何をしている会社かは知りませんでした。

印象的だったのは、現場を見たとき廃車かと思った重機が現役バリバリでした。

すごいところにきてしまった!と思いましたね。

スラグ課の仕事を教えてください。

いろいろな仕事がありますよ。

全体でいえば、スラグを処理してプラントにて生産する作業や重機作業がメインとなります。

現在スラグ課には、常昼勤務者40名、交替勤務者40名、計80名ほど在籍しており、私は常昼勤務として働いています。

常昼勤務の職場は多くのスポット作業もします。

依頼内容によって、人数や重機の編成が変わるので全体の状況把握や、仕事内容を理解していなければなりません。

年々、作業範囲が広がっているので、安全には特に気を付けています。

CHAPTER2宮田 学2

職場の雰囲気はどんな感じですか?

一度に全員集まる機会は少ないですが、いろいろな人がいて面白いです。上司の作業長が職場を明るい雰囲気にしてくれてますね。

人間関係もうまく築けているし、他部署とのコミュニケーションもよく取れています。

やりがい、達成感を感じることはありますか?

重機の配車が予想通りにうまくいった時、はまった時は気分がいいですね。

最近では、他部署の同じ立場の者が新人教育について、真剣に話あっていたのを聞いたとき試行錯誤しながらも教育していこうという意気込みを感じました。

自分自身も苦労することがあるので、他部署と意見交換をするようになり自職場の参考になることが増えてきました。自分自身ののスキルアップにもつながっています。

入社当時にいた総作業長は知識が豊富で技術も高く、頼りがいのある人でした。

その人から教わったことを活かしていくことを目標にして毎日仕事しています。

宮田 学3

入社を希望される方へ

製鉄所内では、公道では見かけないようなたくさんの働く車があります。

まずは興味を持つ人に来てほしいですね。

未経験の人でも、基本からみっちり教えていきますので。