職場紹介

保全課

CHAPTER1 岩井伸也1

ミズレックに入社したきっかけは何ですか?

工業系の高校在学中に就職先を探していました。

配管やエレベータの会社などを中心に求人広告を見ていたのですが、ミズレックの「溶接」という求人が目に留まり、面接を受けてみようと思いました。

溶接は、得意分野だったので。

職場の雰囲気はどんな感じですか?

入社したころは、40歳以上の人がほとんどで、若い人がいなくてやっていけるかが新入社員の自分には、すごく不安でした。でも、12年も経つと年齢層も変わり、平均年齢もだいぶ低くなりました。

先輩方は、若手にも根気よく教えてくれるのでとても感謝しています。

時には厳しいが、自分を思って注意してくれていることなので、怒られてもついていけたんだと思います。

和気あいあいとした雰囲気があっていいと思いますが、メリハリをつけて仕事がしていければ、もっといい職場になると思っています。

CHAPTER2岩井伸也2

保全課の仕事を教えてください。

保全は、3人で5つのグループを編成しています。1つの依頼書を1つのグループで完了させるためです。

5つのうち1つは、作業指示書を作成するチーム、4つが実際の作業をするチームです。一人での仕事はほとんどありません。3人のチームワークをいかに発揮するかが難しいです。

そのチームで、今あるものを修繕したり、足りないものを作製したりします。

小さいものでは足置き。配管を利用して作製しました。時にはアイデアも必要です。灰皿の煙草を置くところも作ったことがあります。大きいものでは建屋、グリズリー、安全通路、洗車デッキなどです。

荷重や強度等の検査は専門家に任せますが、それ以外の設計は保全で行います。手帳や、方眼紙などに手書きで設計もしますが、CADやVISIOのソフトを活用することもあります。

移動はトラックを使用するので、中型運転免許が必要になります。必要資格が多いので、入社時には免許資格を何も持っていませんでしたが、今や17種類の資格免許を保有しています。

入社2年くらいの人で6種類くらいの取得が一般的です。勉強は先輩が実務で教えてくれました。

やりがい、達成感を感じることはありますか?

溶接ができると思って入社しましたが、設計や配管などの自分の思った以上の作業ができてよかったです。単純作業だけでなく、新しいことも十分あり、やりがいがありますね。

達成感を感じるときは、やはり他職場から感謝されたときです。「ありがとう」って言われることは格別ですね。

岩井伸也3

入社を希望される方へ

誰もが必要な作業ができることを目標にしています。

仕事内容に興味があれば、先輩方が丁寧に教えてくれるので安心して入ってきてください。

やる気と元気があれば、うまくやっていけると思います。