職場紹介

環境作業課

CHAPTER1 杉本作業長1

ミズレックに入社したきっかけは何ですか?

前職はトラックメーカーで大型トラック専門の整備をしていました。

結婚を機に、転職を考えていたところ水野工運(ミズレックの前身)が大型車両運転工を募集していたので応募したのがきっかけです。

製鉄所内はとても環境が悪く、過酷な職場だと思ったのが最初の印象です。

見たことのない建設機械も多くびっくりしましたね。

環境作業課の仕事を教えてください。

私たちは30名ほどで作業を行っています。

定常的な作業として、スケールの篩い分け作業や土状黒鉛のフレコン破袋作業などがあります。

スケールは鉄分を多く含んでいますので製鉄所でリサイクルするために篩い分けを行っています。

また、他部署の応援にも行きます。

最近は頻度も増えており、依頼内容が多種多様なため、ある程度の技術のある中堅からベテラン社員を行かせるので自職場がきつくなることもありますが、同じ会社の仲間のために頑張っています。

重機やダンプ、フォークリフトなども乗りますし自社設備を扱っているので、溶接等のメンテナンスも自分たちで行うことも多いです。

長くいると、自然といろんなことが出来るようになりますね

CHAPTER2杉本作業長2

職場の雰囲気はどんな感じですか?

団結力があり、いろいろ人がいて面白い職場です。

3ヶ月おきに職場のローテーションをしているので自然とコミュニケーションが取れているのだと思います。

逆にはめをはずしすぎないように注意しているぐらいです。(笑)

製鉄所内の作業はとにかく『安全最優先』です。

その為、基準関係遵守・標準作成・設備の安全対策などやらなければいけないことが山ほどあります。

皆の改善意欲をかきたて、自発的に取り組めるような風土づくりを心掛けています。

やりがい、達成感を感じることはありますか?

お客さんからの厳しい要求も多々あります。もちろんK部長経由で・・・(笑)

その要求に対し、皆で力を合わせ無事に事故なく仕事を完結したときに達成感を感じます。

班長もしっかりしていますので、強い組織が出来てきましたね。

今のメンバーであれば大概の仕事こなせるという自負・自信がありますよ。

杉本作業長3

入社を希望される方へ

やはり興味がないとなかなか続かないと思いますね。

自分の上達が目に見えてわかる作業が多いので、向上心がある方がむいている職場です。

いろいろな資格も取得できますので、やる気のある方に来てもらいたいです。