職場紹介

車両管理課

CHAPTER1 牧野作業長1

ミズレックに入社したきっかけは何ですか?

当時、父親がミズレックの前身、水野工運にてマイクロバスにのっており車両整備課の募集を知ったのがきっかけです。

資格は持っていませんでしたが、もともと車に興味がありホーンやハンドル、エンジンオイル交換等は自分でしていました。

下津井の人は水野工運に勤める人が多かったこともあり会社に親近感もありました。

社宅や送迎などの福利厚生の充実と給料面で前職よりも恵まれたいたので、転職を決めました。

車両管理課の仕事を教えてください。

自社所有車両・建機の修理やメンテナンスが主な仕事です。

オイル交換やグリスアップ、タイヤ交換、電装品関係の修理取付、高圧洗浄車や吸引車などの特殊車両の修理も行います。

部品一つ一つが大きいことや、車両が汚れていますので最初は大変ですが慣れてくれば問題有りません。

建機なども日々進化していますので、メーカーの研修会には積極的に参加していますね。

CHAPTER2牧野作業長2

職場の雰囲気はどんな感じですか?

少人数ということもありますが、風通しは良いと思います。

各自が周りに合わせる気持ちを持っていますので、孤立してしまう ような人はいませんね。

新人には積極的に話かけるようにしています。

やりがい、達成感を感じることはありますか?

数年前ですが、大型ダンプが走行中にクリップボルトが折れ、脱輪し走行不能になり道路を封鎖してしまうことがありました。

決められた時間内に車両を移動しなければならないため、部品の手配から人員調整、予定変更等とても大変でしたが皆で力を合わせて解決したときは安堵感と達成感を感じたのを覚えています。

また、新しい仕事を覚えたとき、やりがいを感じます。

オイル交換もその一つです。今では毎日のように行っている作業でも初めてできたときは嬉しかったですね。

慣れっこにならないように緊張感を持つように心がけてます。

牧野作業長3

入社を希望される方へ

車や建設機械に興味がある人大歓迎です。

技術や知識がなくても、教育の仕組みがしっかりしているので問題はありません。

一番大事にしているのは人間性です。

周りの人を尊重し、思いやりを持ち気配りのできる方がいいですね。